良質なキャットフードには肉類が使われているものが多いですが、近年では白身魚を使用しているキャットフードも増えてきています。人気も集めていますが、白身魚がメインのキャットフードにはどんなメリットが上げられるのでしょうか。

まず1つ目は必須アミノ酸のタウリンが豊富に含まれていることです。猫は必要と言われている栄養素の中にタウリンが存在しています。魚にはタウリンが豊富に含まれており、猫の健康を維持してくれると言われています。また、魚は動物性たんぱく源も豊富なので肉類と同じように主原料として活躍をしています。

続いて2つ目は低アレルギーだという点です。猫はアレルギーを発症すると痒みが出たり、皮膚炎などが起きたりなどつらい症状が現れます。キャットフードの中でも最もアレルギーが多いと言われるのが穀物類ですが、その次に多いと言われるのが肉類です。キャットフードの中でも最もアレルギーになる確率が少ないと言われているのが白身魚を含むキャットフードなので、アレルギーを極力避けたいと思う人は低アレルギーの白身魚のキャットフードについて考えるといいでしょう。

また、3つ目は消化がしやすいのもメリットです。猫は食べ物によって消化がしやすいものとしにくいものが存在しています。例えば穀物類は消化しにくく、あまりよくないと言われていますが、それに比べると白身魚は消化吸収がいいですし、食いつきもいいと言われているので、これらのメリットについて興味がある人は白身魚のキャットフードを選ぶといいでしょう。